悪いね、こういうブログなんだ

TCGヴァンガードメイン 特にオラクルを中心あれこれgdgdと更新(予定)

スポンサーサイト 

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

△top

デッキ紹介 普通のメイガス軸~しあわせの青いメイガス~ &大会報告その6 

 


メーテルリンク作『青い鳥』において、子供たちが探していた幸せの青い鳥が実は鳥かごの中にいたハトであるように

メイガス軸最良のユニットも元から近くにいた



今回はそういう記事


G3
ペンタゴナル・メイガス3 ヘキサゴナル・メイガス4
G2
クォーレ・メイガス4 ステラ・メイガス4 ブリオレット・メイガス2 サイレント・トム2
G1
オラクルガーディアン ジェミニ2 サークル・メイガス4 クレセント・メイガス4 テトラ・メイガス4
G0
FV
リトルウィッチ ルル1
トリガー
オラクルガーディアン ニケ4 バトルシスター じんじゃー4 サイキック・バード4 ロゼンジ・メイガス4


はい、見ての通りわりかし普通のメイガス軸です

ココペンタ、ツクペンタ、インペンタ(非公開)等々、イロモノのメイガス軸ばかり作り続けていたのですが

先日、フリーでヘキサ入りメイガスを回したところ、ヘキサが思っていたより、というかペンタよりも仕事が出来たため、ヘキサを軸にメイガス軸を組みなおしました

どうやら、以前、うまくヘキサが動かなかったのはメイガスのプレイイングを理解してなかった所が大きかったようです


よくある構築ですが強いて変わっている所を上げると

1、トム&ジェミニを二枚ずつ採用

2、G3配分がペンタ3 ヘキサ4

3、FVルル

ぐらいでしょうか?

1、は基本的に三点止めする気はないため、捻じ込めるフィニッシャーとして投入、割を食ったのはルルとコスト競合するブリオレット

ジェミニも一応採用したが16kラインはあまり気にしません、正直トリガー乗ってG1以上二枚要求でも仕事としては十分

2、はG2枠の関係でどうしてもどちらかを三積みにせねばならず、最終的に乗りたいペンタより、とりあえず先にライドしたいヘキサを優先しました

3、はココくっきー時代にG3 7枚でも滅多に事故しなかったため、事故防止のえくれあよりも確実にアドを取れるルルを採用しました

すでに6kのクレセントを四積みしてるため、ライン構築的に5kのラックバードを積むのが厳しかったのも理由の一つですね


では、ここからはこのデッキを使用した大会の結果報告です

参加者17名ダブルエリミネーション四回戦


一戦目 スパイク(ジョナサン) 後攻

初っ端からG2にライド出来ない事故

スパイク、それもよりにもよって速攻特化のジョナサン相手に事故は無理

良い所なく、G3にもライド出来ずに負け

先生ヴァンガードがしたいです


二戦目 アクフォ(テトラ) 先攻

再びマリガン後にG2がない事件

しかし、幸いにもライドした鮫子で見たトップがクォーレだったのでサイキックで回収して事無きを得る

間違いなく鮫子さんは女神

ファイトはG2ライド時の相手が3パンしてくるも手札にG0が溢れてたのでVを含め全てシャットアウトしてヘキサにライド

相手はテトラに素ライド、次のターン相手4ダメでLBしてくるも、Vの初撃はノーガードでトリガーなし、二撃目は☆を捲られるも10kガードを切っていたのでノーダメージ

返しのターンヘキサ→ヘキサにBRして殴ると相手は完ガ、見えていた☆トリガー二枚を両側に振ると片方を防げずにノーガード

ヒールは捲られず、こちらの勝ち

BRさえされなければ、テトラは大分楽になりますね


三戦目 グラン(コキュЯ) 後攻

相手、1ターンG1に乗れない事故

こちらは1ターン目から2パンししながら、パワー不足の相手のアタックをきっちりガードし、ダメージ差を広げる

相手はドロップにも恵まれない中、ナイトミストBR連打で粘るも、ダメージ差をひっくり返すことが出来ないまま、ハンドが枯渇

相手5ダメの場面で、BRペンタのアタックがノーガードで通り、こちらの勝ち

BR連打強い、ドロップにバンシーかカットラスいたらやばかったかも


四戦目 かげろう(DDD封竜) 先攻

おそらく、前回負けたのと同じ方、密かなリベンジマッチ

G3ライドは、こちらはヘキサ、相手はDDD

初手にステラがなかったため、CBは不要と見て序盤は積極的にガードしていくプレイングを選択

おかげで、相手のDDD→DDDへのBRを3ダメの状況で受けることが出来、初撃をノーガードして☆を捲られるもダメトリを引き、二撃目を完ガで防ぎきる

返しのターンにペンタへBRすると、相手は完ガを握れなかったらしく、一枚貫通ガードを切って来たのを☆トリガーでぶち抜く

一度、6点ヒールされるも、二回目は流石に無く、こちらの勝ち

インフェルノが軽くトラウマだったのでライドされなかったのは気分的に楽でした


結果
三勝一敗


ヘキサ強かったです、何が強いって10kパンプが素直に強い、とりあえずでルルをV裏に置けますし、ジェミニで21k作れるのも地味に強い

BR前提だとペンタが不安定かなと思っていたのですが、リアガードの影響受けずにペンタの能力が使える分かえって安定している気さえします

やっぱり、それ用にデザインされてるだけのことはありました

他には、ブリオレットの枚数削減が多少、不安でしたが、二枚でもとりあえず問題なかったです

もっとも、ブリオレットはカオブレ、なるかみ、かげろう対策な部分が大きいので、今回の大会の結果だけでは十分とは言い切れませんが

また、半ば予想通りでしたがトムが仕事しません、というか仕事をして欲しい場面に引けないというイメージ

フィニッシャーにするなら7kブーストで21k出せるプロミスの方がいいかもしれません、クレセントブーストで13kV相手でもある程度期待できますし

他に、問題点としては、やはり、CBが余りがちになること

解決策として、トムを抜いてライブラを採用することも考えられますが、結局のところ安定しないヒット時効果なのでどこまで改善になるかは未知数


ただまあ、一番の問題は


ヘキサのBRで見たばっかりのデッキトップのユニットすら忘れる、この鳥頭ですね


四戦目でBRした際に、サイキック、クォーレ、ステラが見えて、ステラをハンドに加えたのにも関わらず

展開を終え、Vペンタのアタックした時には、クォーレとステラのどちらを手札に加えたのかを忘れているというマヌケさ

「完ガを握ってることを把握させない方が有利だから、多分、ステラを加えたはず」

と思いつつも、ハンドにはクォーレとステラの両方がいるために確証がもてず

五十鈴「あの、デッキトップもう一回確認してもいいですか?」

ダメ元で聞いてみるが

対戦相手「ダメです(ニッコリ」


ですよねー orz


まあ結局、上記の考えを信じてクォーレを宣言して事無きを得たので良かったのですが、いや、もうプレイイング以前の問題ですね

前から、フリーやvaultの時にこういうことはやらかしてたんですが

大会でも危うくやらかす所でした


ツクヨミのボトム送りは割と覚えていられるのになあ……まあ、三連戦もすると大分怪しくはなるんですが


とりあえずはしばらくは、このメイガス軸を安定させていこうかなと思っています

前に記事を書くと言った、バトルシスター軸に関は書いてる内にちょっと文章が支離滅裂になってきたので、もうしばらく推敲等に時間がかかりそうです

それではまた

category: 大会

thread: カードファイト!! ヴァンガード - janre: ゲーム

tb: 0   cm: 1

△top

コメント

 

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

# |  | 2014/04/29 19:50 | edit

△top

コメントの投稿

 

Secret

△top

トラックバック

 

トラックバックURL
→http://vanguardsorry.blog.fc2.com/tb.php/29-06eae43a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。